最近描いたもの


20140416-1t photo 20140416-1t_zps7ede724c.jpg20140409-1t photo 20140409-1t96EA5922_zpsb2e998bf.jpg 20140407-1t photo 20140407-18607849967007D42_zps7538de46.jpg 20140402-1t photo 20140402-01t84BC967D_zps0c5a8070.jpg



 
ブログ中のイラストは、全て写真をクリックすると拡大画像になります。

22.6.11

お試し価格…ですよね?

 昨晩は久々に変な夢を…公衆のお手洗いに裸足で入る夢って、何…。しかも同じ場所をいつぞや夢で見た記憶が。こんなことばかり覚えていられるなら、ほかの事を覚えたいもの…
 さて、前回触れた紙のばら売りのお話。



 この画材屋さんは最近利用し始めたところで、okamel前広島県民でしたが、この画材屋さん知りませんでした。多くのお店が送料600~700円台のところ、ここはokamelのところなら525円ですむのと、5250円以上の購入で送料無料のキャンペーンが多い(そうでないときは9999円以上)のがありがたい。それでもokamel1回で5000円も買うことはないですが…。それこそウォーターフォードやモンバルキャンソンのような高価なスケッチブックを数冊買えばあっという間なのでしょうが、okamelの作品サイズは基本葉書大ですから…。
 ちょっと前置きが長くなりましたが、この写真のリンク先では、ウォーターフォードのばら売りが買えます。細目から荒目まで3種類、紙厚は190g/㎡と300g/㎡、425g/㎡の3種類あります。本来だと大きさも1/4、1/8、1/16の3種類あるのですが(これまたほかの画材屋さんで確認済み)、ここは1/16は扱っていない様子です。なのでokamelの場合は届いたあと自分で裁断する必要があります(280×190mmはokamelにはいささかもてあます大きさです)。1/8サイズ4枚で300g/㎡でも426円は、この紙ではかなりありがたいかと。425g/㎡だと600円超えますが、okamelとりあえずそこまでごつい紙である必要はありません。今回の命日の半兵衛さんの清書のほうは300g/㎡のモンバルキャンソンでしたが、これでも結構ごついなあと思いました。ちなみに普段使っている100円ショップのものでない葉書箋の厚みは、たいてい180~200g/㎡のようです。ついでといっては何ですが、ストラスモアも同じ値段でばら売りされていますが、こちらは紙厚は300g/㎡の1種類のみです。
 最後に、ウォーターフォードの製品の価格は大体こんなところということで、一番良く使う画材やさんでのリストへのリンクを載せておきます。紙が自分向きかどうかをいきなりこれだけの値段で冒険するよりは、バラで最初試したほうがおそらくこの場合はよろしいかと…

 なお、お試しのスケッチブックやポストカードコレクションもありますが、これらはすべて中目が入っています。なぜかクレスターのみ紙目ではなく紙の厚みが書かれておりますが…。あとSMサイズのものですが、説明書きにはAVALONが書かれておりませんが、写真の表紙の表記を見る限りはAVALONも入っているはずです。okamelは買ったことがないのでわかりませんが…

0 件のコメント: