最近描いたもの


20140416-1t photo 20140416-1t_zps7ede724c.jpg20140409-1t photo 20140409-1t96EA5922_zpsb2e998bf.jpg 20140407-1t photo 20140407-18607849967007D42_zps7538de46.jpg 20140402-1t photo 20140402-01t84BC967D_zps0c5a8070.jpg



 
ブログ中のイラストは、全て写真をクリックすると拡大画像になります。

17.11.11

新キャラ検討中

昨日敷き毛布を洗って正解でした。今朝は昨日よりさらに寒くなっていたようです。でもいまのところ我が家ではまだ暖房器具は出動しておりません。何せ夫、未だに寝るときはパ○ツ1枚ですから。okamelも暑さよりは寒さのほうに強いのですが、昨日も書いたように一番の問題は手が悴んで動かなくなることなんです。当地域は東日本ほど電力不足が騒がれていないものの、石油ストーブの方が光熱費節約になるのではないかなあと思って最近調べているのですが、驚いたことの一つは、コンパクトサイズのものがあること。6~7畳用(木造)で8000~9000円(送料込みで)。大体これは電力を使う月と使わない月の電気代の1カ月分の差に相当するので1ヶ月でもとは取れる計算。あとはその後の灯油代なわけですが、これにも驚いた。okamelが学生の時代は18Lで750~800円でしたが、今1400~1500円するんですね(当地の平均ですが)。okamelは集合住宅育ちだったので、そこに灯油販売のトラックが毎週決まった曜日に来て、タンクにお金を入れたビニールをくくりつけて階下においておけば、灯油を入れて階下にまた置いてくれるという大変便利なサービスがありましたが、ここはそういうわけにいかないのもつらいところ。あとは効率の問題ですが、今使っているエアコン、半分壊れているので効率は完全に悪い。使用電力量は昨年買ったハロゲンヒーターと数年前に買ったヒーターとほぼ同じ。ただしこちらの2つは強で使うことはまずない(弱だとほぼ半分の電力量)のに対してエアコンはフル稼働するので、単純計算すれば1/4の効率…。あとおまけとすれば、石油ストーブだといつでもお湯があることですかね(笑)。我が家のポットは沸かしたいときだけ沸かすタイプ(保温機能がない)ので、冬場には結構しんどい。その電気代やガス代もいらない話にはなります。こういったことを総合的に検討したら、どうなるのかなという話です。とりあえず、今晩買い物ついでにデオデオでならいくらでストーブが買えるのか(先ほどの値段は楽天での値段)を見てくる予定。
 前置きが長くなりましたが、イラストのほうは新キャラをずっと検討中。今度は火をベースに考えているので、全体的に赤い配色になるかと。緑の君が今赤っぽいですが、これは秋冬限定なので、かなり目立つ存在にはなるかと。で、残っていた1つをup。



旧デザインなので服のふちが黄色になっていますが、現在は青に統一しています。あと頭の飾りが今は加わっています。紙はマルマンの水彩紙。可もなく不可もなくといった無難な紙です。海外の水彩紙と比べると発色は寂しいところがなくもないですが、描きなれていないキャラを練習するにはもってこいというところ。
 これで完成品がつきましたので、下書きを増やすと共に完成品も増やしていかないと、です。

0 件のコメント: