最近描いたもの


20140416-1t photo 20140416-1t_zps7ede724c.jpg20140409-1t photo 20140409-1t96EA5922_zpsb2e998bf.jpg 20140407-1t photo 20140407-18607849967007D42_zps7538de46.jpg 20140402-1t photo 20140402-01t84BC967D_zps0c5a8070.jpg



 
ブログ中のイラストは、全て写真をクリックすると拡大画像になります。

29.6.11

算数の世界ですが

 昨日は結局裁断だけで終わりました。イメージがわかない…というか、音楽をまったく聴いていない分okamel的には自然なのかも。いつもいつもイメージがわき続けていたら、これもまた困ったものなのかもしれません。
 そのかわり、昨日はちょっと算数の世界に入りました。ホルベインが扱っている水彩紙で、トップランクに入るウォーターフォードとストラスモアの価格について、ちょっと計算してみたという話。okamelの場合はあまり大きい作品は描かないので、自分の好みのサイズにして計算した場合にどれが一番お得になるか、ちょっとやってみようかということだったのですが、okamel同様紙に興味のある方はちらと見てやってください。
 結果をまず大雑把に言うと、ウォーターフォード(以下WF)よりストラスモア(以下ST)のほうが若干安く買えるということ。この二つの紙の差ははじき具合と吸いこみ・乾燥度なので、好みの部分で選べばいいのかなというところ。それからサイズ相応の値段設定になっていること。逆転現象は特になかったです(実は画材屋さんによってはF2とF3の値段が同じというところも。ただしモンバルキャンソンの話ですが)。
 以下が結果です。お店はすべて楽天内のものです。サイズの単位はmm、重さは300g/㎡のものに統一しています。また、WFは細目、STは中目を選んでいます(STはそもそも中目しかありません)。その関係でWFの細目にはF5サイズがないため、F4とF6での計算になっています。

 WF 
  バラ買い 426円(サイズ280×190 4枚入り)×6セット+送料525円=3,081円 額縁画材の通販王国ガレリアレイノ
  ブロック 2,173円(F4 332×242 12枚入り)+210円(メール便)=2,383円 中善画廊
       3,496円(F6 407×320 12枚入り)+630円(宅配便)=4,126円 中善画廊
 ST
  バラはWFと同じ(値段もお店も)
  ブロック 2,173円(F4 332×242 12枚入り)+525円(宅配便)=2,698円 ナガサワ文具センター
       3,307円(F6 407×320 12枚入り)+525円(宅配便)=3,832円 ナガサワ文具センター

 okamelの場合、上記サイズのものをバラ売りのものは半分に、F4とF6のものは4分割にするとほぼちょうどいいサイズになる(それぞれ190×140、166×121、203.5×160になる)ため、裁断後すべて48枚になる計算になりますが、結果値段がF4<バラ<F6ということで、順当だったというお話です。注意点(というほどかどうかわかりませんが)は、バラの場合端っこがなんというのでしょう、裁断したように綺麗ではない辺があるということでしょう(4辺全部ではありません)。
 あと、実はSTについては、商品の値段そのものだけなら「画材と額縁の詩季画材」という画材やさんのほうが安い(F4が1,943円、F6が2,940円)のですが、送料が購入金額税込5,250円未満だとokamelの地域だと1,050円もしてしまうので、購入金額次第ではナガサワさんのほうが安いという話。送料は地域によって違うので、お住まいの地域によっては上記計算と多少違いが出てくるかと思われます。ちなみに中善画廊さんは最近よく税込3,150円以上で送料無料クーポンを、ガレリアレイノさんは頻繁に税込5,250円以上で送料無料キャンペーンを行っておられるので、時期を狙って購入という手もあります。
 まあ、いずれもいきなり大買いは冒険になるので、一番無難なのはまずポストカードセットでアルビレオ・クレスター・WF・STを試してみる(1,134円)、もしくはサイズがちょっとでかくなりますが(といってもF4ですが)AVALONやWF(ナチュラルとホワイトの2色とも試せます)・SF・アルビレオそしてクレスターが試せるスケッチブック(1,620円)を購入してみるというのがお勧めかもしれません。あとたった今見つけましたが、ウォーターフォードの葉書サイズだけならガレリアレイノさんが扱っておられました(20枚で848円…モンバルキャンソンの倍以上だ!)。ただし中目のナチュラルだけです。細目と荒目は最近出たものなので、まだ種類がないようです。
 ああ、久々に長い文章になった…次回はイラストでスペースを稼げたらいいなあ(??)。 

※昨日、葉書サイズの枚数を30枚と書いていましたが、20枚でした…というか、おそらく20枚だと思います。下の詳細が書かれている欄には12枚となっていますが、これはおそらくほかのブロックタイプのものだと12枚で、内容をコピペした結果起きたミスではないかと…

0 件のコメント: