最近描いたもの


20140416-1t photo 20140416-1t_zps7ede724c.jpg20140409-1t photo 20140409-1t96EA5922_zpsb2e998bf.jpg 20140407-1t photo 20140407-18607849967007D42_zps7538de46.jpg 20140402-1t photo 20140402-01t84BC967D_zps0c5a8070.jpg



 
ブログ中のイラストは、全て写真をクリックすると拡大画像になります。

22.7.12

久々に描きたくなった

昨日はあることを調べるために英語版の吉川英治作新書太閤記(Taikoというタイトルになっています)を開きました。何を調べるためかというと、前田利家のローマ字表記。okamelも持っている無双OROCHI2の壁紙には、Toshieとなっているそうで(okamelしっかり確認しておりません)、Toshiieではないかという話になっているわけです。それでまず英語版Wikiで見てみたら、Toshiie。ほか日本の歴史関連を扱っているサイトを見てもToshiie。で、自分のもっている英語文献ならどうかということで、唯一日本の戦国を扱っている英語文献と言ったらこのTaikoしかなかったので、それを見てみた次第ですが、結果は…利家の名が出てこない。そのかわりに犬千代で出てきておりました…。

この本を開けば、自然半兵衛さんのことも久々に見たくなってくるわけで、あの栗原山での名場面、中国攻めのときのもろもろのシーンを英語で読んで、日本語とはまた違う味わいを楽しんだのですが、後ろのほうに実は再び半兵衛さんの名が出てくるところがあるのを初めて知りました。本能寺の変のあと、小牧長久手戦か何かに向かう途中、菩提山(半兵衛さんの居城だったところ)近くを通って、秀吉が半兵衛さんを懐かしむというシーンがありました。okamel日本語版の新書太閤記は半兵衛さんが生きている範囲しか持っていない+読んだことがないので、これは新鮮だったと同時に、なんだかじんと来ました。読んだことはなくても、そんなシーンがあったらいいなあと前々から思っていたので、どんぴしゃでした。

そうこうしていたら、久々に半兵衛さんが描きたくなって、BGMにO Holy Nightを使って、描きました。



久々とは言ってもちょっと前にも描いているのですが、あれは個人的にはあまり気にっておりませんで、今回はわりと柔らかめな表情が描けたかなと思っております。次回は水彩筆ペンで描けたらいいかも、と思っておりますが、かきなおしが効かない分、怖いんですよね。その点は普通の水彩のほうがまだ自由がききます(水彩筆ペンはあまりウォッシュが効きません)。

さて、また少しイメージを膨らませて、と。

0 件のコメント: